坐骨神経痛の症状について

坐骨神経痛という言葉自体は知らないという人も多いでしょう。
しかし、下半身に痛みやしびれを感じる場合は、この病気が発症している可能性があります。

皮膚が変色している場合は早めの病院へ

坐骨神経痛は下半身の坐骨神経と呼ばれる神経が伸びている部分を中心に痛みやしびれが現れます。
坐骨神経と聞いてもピンとこないかもしれませんが、お尻、太もも、すね、ふくらはぎ、足などの下半身が中心です。
症状が出る場所は、個人差があり、全体が痛みやしびれを感じる人もいれば、お尻だけ、足の一部だけ感じる人もいます。

痛みの度合いも個人差があり、神経痛の痛みの度合いは、針で刺したような痛み、電気が走ったような痛みは初期の症状です。
症状がひどくなると、焼けるようにヒリヒリとする痛みが生じ、しびれを伴う痛みになります。

そして衣服が擦れただけで、風に当たっただけでも痛みが走るようになり、痛みで歩行できないレベルになる場合もあります。
もし痛みの部位の皮膚がむくんでいたり、皮膚が変色している場合はすぐに病院へ行きましょう。

個人差があり発症に気づかない時もある

坐骨神経痛は、症状に個人差が大きく、症状が現れる範囲も広いため、発症が気づかれないケースが多いのです。
しかし、治療をせずに、放置していて治る病気ではありません。
治るどころかどんどん症状は悪化してしまいます。

最初はお尻が痛くて、お尻をかばうために脚や腰に負担がかかり、症状がますます悪化するという悪循環に陥ります。

下半身が筋肉痛や打撲などの特定の原因がないのに、痛みが続く場合は病院へ行きましょう。
病院なんて大げさだと思うかもしれませんが、症状が悪化し眠れないぐらいの痛みが続いたり、歩行困難な状態になる可能性もあります。そうなってからでは病院へ行くのも一苦労ですし、治療にも時間がかかってしまいます。
坐骨神経痛は治る病気ですから、症状が軽いうちに病院へ行くのが1番です。

ただ病院は、何科へ行けばいいのか分からないという人も多いでしょう。
専門家は整形外科なので、整形外科がある大きな病院を選ばなければいけません。

近所の接骨院や整体ではダメなの?と思うかもしれませんが、まずは原因を突き止める必要があり、レントゲンで検査する整形外科へ行く事をお勧めします。