坐骨神経痛の治療法

坐骨神経痛の治療は、最終手段として外科手術を行うケースもありますが、それは歩行困難など生活に支障が出るレベルの状態の治療法です。それ以外の場合は、手術はせずに、保存療法での治療がメインになります。
ではどんな治療内容なのか、紹介したいと思います。

坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療は、歩行困難なレベルの場合は、患部を手術しますが、それ以外は保存療法で治療を行い8割以上の人が症状が改善しているというデータがあります。
保存療法で、重要な事は安静にするという事です。
人の身体には自然治癒力が備わっているので、安静にする事で症状は改善します。
しかし、日常生活の中でなかなか改善しないのは、仕事や家の事など、しなければいけない事が多く、安静にする事が難しい状況だからです。また安静にしようにも、痛みがひどく、痛みの箇所をかばうために、他の部分に負担がかかる場合があります。
そのため強い痛みを緩和する方法として、薬物治療で鎮痛剤により痛みを抑えたり、炎症による痛みを抗炎症剤で抑えたりします。

さらに鎮痛剤が効かない人には、神経ブロックを行います。
神経ブロックとは、圧迫を受けている箇所の神経に麻酔薬の注射をする事で、痛みを脳に伝えないように神経をブロックする方法です。また神経ブロックは、痛みをブロックするだけでなく、筋肉を和らげたり、血行促進の効果もあり、症状が改善されます。

温熱療法・運動療法

坐骨神経痛は筋肉の緊張が原因ですから、患部を温め血行をよくする事で筋肉がほぐれる温熱療法も効果的な治療法です。
何で患部を温めるのかは、病院によって異なりますが、ホットパックや遠赤外線、マイクロウエーブなどが使用されます。
温熱療法なら、自宅でも行える治療法です。
自宅の場合は半身浴が、身体への負担も少なくお勧めだと言えるでしょう。

ただし、炎症による患部の痛みの場合は温める事で痛みが長引く恐れがあるため、まずは原因を確認した上で温熱療法が効果があるかどうか確認してから行って下さい。

運動療法は、ストレッチなどの運動を通じて、筋肉をほぐす事で症状を緩和させる方法です。
ただし、痛みやしびれがひどい時には、運動をするのが困難だという人も多いでしょう。
そのため症状の状態に合わせて、症状が軽い人や他の治療で改善した後に、再発予防の目的で運動療法をする事をお勧めします。