坐骨神経痛の原因や痛みなど

坐骨神経痛の原因は、坐骨神経に何か障害が発生し痛みが発生していると考えられます。
坐骨神経の障害にはどのようなものがあるのでしょうか?

坐骨神経の障害について

坐骨神経は脊椎から伸びている神経です。そのため脊椎神経根が圧迫を受けている事が原因で痛みが生じている可能性があります。
他にも妊娠中に下半身に痛みやしびれを感じる人が多いのは、妊娠中はお腹が大きく、腰への負担が大きいためです。
そして子宮が坐骨神経を圧迫してしまうので、妊娠中に発症する人はすくなくありません。
ですがこの場合は、大きなお腹や子宮が坐骨神経を圧迫する事が原因ですから、出産すれば原因は解決し、症状は改善されるケースが多く、それほど心配する必要はありません。

またストレスも原因の1つだと言われています、
ストレスを感じると副交感神経が活発になり、血流の流れが悪くなり、筋肉も緊張し、神経は圧迫された状態です。
そのため坐骨神経も大きくストレスに影響を受けてしまいます。

発症の原因は他にあったとしても、発症後に下半身の痛み自体が大きなストレスとなってしまいます。
そうなると悪循環なのですが、ストレスによりますます痛みが悪化する可能性があるため注意して下さい。

疾患が坐骨神経痛の原因となる

他の疾患が原因で坐骨神経が圧迫されて、発症してしまうケースも珍しくありません。
ではどのような疾患が原因となるのか紹介していきます。

「椎間板ヘルニア」脊椎の間にある椎間板に神経が圧迫されて、腰に強い痛いが生じます。
その椎間板ヘルニアが原因で、坐骨神経の神経も圧迫され、下半身も併発してしまうというわけです。

「梨状筋症候群」とは、お尻の奥に梨状筋症があり、坐骨神経の圧迫に影響すると言われています。
「脊柱管狭窄症」は加齢とともに脊柱管が狭くなる事で、神経が圧迫されます。
脊髄は脊椎の中を通っているため、坐骨神経にも影響します。

「腫瘍」腫瘍には悪性のものと、良性のものがあります。
悪性ならすぐに手術で取り除きますが、良性の場合は大丈夫と思っているかもしれません。
しかし良性であっても、腫瘍が神経を圧迫し、坐骨神経に影響を与える可能性があるので、無視出来ません。

坐骨神経痛の原因は、坐骨神経の障害、もしくは他の疾患による影響のどちらにしろ、症状が悪化する前に早期治療が望まれます。