坐骨神経痛の予防をしよう

坐骨神経痛は、下半身に痛みやしびれを感じる症状です。
治療で症状は改善されますが、再発する恐れもあります。
なので再発しないため、どのような生活習慣に改善するべきか予防方法について紹介します。

コレステロールを控え栄養のバランスを考えた食事をする

食は健康にありという言葉があるぐらい、食事と健康とは決して切り離す事ができない関係です。
身体を作るのに必要な栄養素を摂取し、健康を損なうコレステロールなどを控えるためには栄養のバランスのとれた食事が重要です。特に一人暮らしの人は、自分の食べたいものを食べる傾向が強く、また1人分の料理を作るのは手間だし逆にコストがかかってしまいます。健康のためには食生活の改善が必要不可欠と言っても、栄養のバランスの取れた食事を1日3食作り、その中で1日に必要な栄養素を全て摂取する事は非常に大変な事です。

なので完璧にしようと思うと、すぐに息切れして疲れてしまうので、朝にスムージーを飲む。
足りない部分はサプリメントで補う。毎日自炊は難しくても、身体が疲れていると感じた時には野菜がたっぷり入ったスープを作るなど、できる範囲の事から、食生活を改善してみてはどうでしょうか?

また料理をする事は楽しいですし、誰かと料理を一緒に食べる事も楽しい時間です。
料理を作る事、食べる事を楽しむという姿勢も食生活の改善には大切な事だと言えるでしょう。

そして適度な運動も、健康的な生活にはかかす事ができません。
特に現代社会では、運動不足は人は多いですよね。
デスクワークで、パソコンの前に同じ姿勢で長時間座っていると、肩こり、腰痛なども職業病になってしまうでしょう。
そんな人にも運動は、症状を緩和してくれるはずです。

ストイックに毎日ジョギングなんて思うと、運動をするのは億劫になってしまいますが、テレビを見ながらストレッチをする。
気分転換に一駅手前の駅で降りて、新しいお店を探しながら1駅分歩くなど、ハードルを低くして始めるといいでしょう。

モチベーションを保ちながら長く続ける事が大切

生活習慣を改善したら、すぐに身体に効果が表れるのか?というとそんな事はありません。
そもそも生活習慣病なんて、何年、何十年もかけて蓄積された結果病気になったりするわけです。
当然ながら生活習慣の改善しても、すぐに目に見えた効果が出るわけではありません。

そんな中でモチベーションを保ち、長期間続ける事は難しい事だと感じるかもしれません。
ですが、生活習慣の改善は1ヶ月続けたから、健康予防ができて終了という訳にはいきません。
それこそ健康に生きていく限りは、ずっと続けていかなければいけない事ばかりです。

しかしだからこそ、健康のために我慢をしてやっているという意識ではいけません。
日常生活の一部として、それを行う事が当たり前と思えるぐらい、馴染む事が大切だと言えるでしょう。