坐骨神経痛の症状と原因と治療について

坐骨神経痛という病気を、知らない人も多いと思います。
もし、坐骨神経を中心とする下半身に、しびれや痛みの症状が現れ、その痛みが続くようであれば、症状が悪化する前に、病院で検査を受ける事をお勧めします。

坐骨神経痛の症状は

坐骨神経痛の症状は、お尻、太もも、すね、ふくらはぎ、足などの坐骨神経の通っている下半身部分に痛みやしびれが現れます。
ただし、最初はそれほど激しい痛みではないため、そのうち治るだろうと痛みを我慢してしまう人が多いのです。
初期の状態であれば、安静にしていれば自然治癒で治る病気なのですが、日常生活の中でちょっと痛みがあるぐらいでは安静に休む事は出来ません。結果として痛みを我慢して無理を重ねた結果、症状が悪化し、そこで初めて病院へ訪れる人も多いのです。

しかし何の病気か分かりませんから、整骨院や整体を訪れる人も少なくありません。
マッサージをして、血行が良くなったり、筋肉がほぐれる事で症状が改善されるケースもあり、あながち間違いな選択肢ではありません。しかし病気の原因が何か他の病気が原因で神経が圧迫されている場合、その病気を接骨院や整体では発見する事が不可能です。その結果原因が特定されずに、症状も改善せずに、悪化という事になってしまいます。
正しく原因を把握するためには、レントゲン検査が可能な整形外科の病院は行くようにして下さい。

ちょっと痛いぐらいで、持病の肩こりや腰痛と同じようなものと思う人もいるかもしれません。
しかし神経に原因がある場合、痛みは時に眠れない痛み、歩けない痛みを伴うレベルになるまで悪化する可能性があるという事を覚えておいてください。

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の原因は大きく分類すると2つに分ける事が出来ます。
1つ目は坐骨神経に圧迫がかかり、痛みを伴うケースです。
圧迫する原因は、例えば妊娠中でお腹が大きくなった事で子宮が神経を圧迫するケース。
他にもストレスが原因で血流の流れが悪くなり、筋肉が緊張した結果神経が圧迫されてしまうケースもあります。

2つ目は他の疾患が原因で坐骨神経が痛みを感じる場合があります。
疾患の種類はいくつかあり、椎間板ヘルニアや梨状筋症候群、脊柱管狭窄症、腫瘍などが考えられます。
つまり神経痛の痛みは、身体が何か疾患を抱えている事のSOSもサインとなるというわけです。
このサインを見逃してはいけません。
そして神経通の痛みを取り除くためには、原因の根本である疾患を治す必要があると言えるでしょう。

坐骨神経痛の治療について

疾病が原因の痛みの場合は、疾病そのものを完治させる必要がありますが、坐骨神経の圧迫が原因の治療法について紹介したいと思います。歩行困難な重度の痛みに関しては外科手術を行う必要がありますが、患者の8割近くは外科手術以外の治療で治します。

治療方法がいくつかあるので、簡単に紹介していきます。
まず痛みを緩和させるために、鎮痛剤を使用した薬物治療や、薬物治療では痛みが緩和されない場合は麻酔の注射で神経ブロックさせる方法があります。まずは痛みを緩和させる事が重要です。

しかしずっと薬物治療を続けるわけにはいかないので、併用して、温熱療法や運動療法で痛みの症状を緩和させていきます。
温熱療法とは、身体を温める事で筋肉をほぐし血行の流れをよくする事で、痛みが緩和される治療法です。
自宅では半身浴や温熱湿布を使用する事も効果的です。

但し、全ての痛みに対して温めればよくなると考えるのは間違いです。

炎症を起こして痛みが発生している場合は、炎症に対して温めるのは逆効果です。
炎症に対しては冷やす事が痛みを緩和させる方法なので、ホームケアを行う際には正しいやり方をお医者さんに確認してから行いましょう。痛みの症状が改善されてきたら、リハビリや再発予防に向けて運動療法に取り組むといいでしょう。

運動をして筋肉を増やす事、血行の流れをよくする事、そして体温を上昇させる事は病気の予防と健康につながりますから適度な運動を生活習慣に取り入れる事は大切な事だといえるでしょう。